FC2ブログ

プロフィール

FC2USER590362UZS

Author:FC2USER590362UZS
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
4663位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
268位
アクセスランキングを見る>>

カウンター


はいどうも♪川崎ブレンダです♪今回はアロマの歴史のついてお伝えします^^

お時間のある方やご興味のある方は、是非ご覧になられてみてくださいね!
大昔から世界中で利用されてきた芳香療法。

古代エジプト



昔から香りは神に関わる儀式や、死者への弔い、病人への薬、異性への媚薬と色々と使われてきたようです。
世界史上で香りはどのように位置づけられているのでしょうか?



薫香(くんこう)



B.C3000年頃に建国された古代文明発祥の地であるエジプトでは、香りは神への捧げ物として用いられてきました。
薫香【くんこう】は悪魔払いに使われたり、病気治したり、性交の後にも使われました。
ラテン語の”Perfume(芳香)””Per=throgh(~を通す)”fume=to smoke(煙を出す)”から来ています。
これからも香りの起源が、木や葉などを燃やして空に立ち昇った煙とともに香りをかいだ薫香だということが分かります。




神に薫香を捧げる事への重要さ


エジプトの人々は太陽神Ra(ラー)に、香煙(こうえん)に乗って魂が天国に導かれるように祈りの儀式を捧げてました。
時刻によって焚かれるのもは異なっていました。朝は日の出とともにフランキンセンス(乳香)が焚かれ、正午にはミルラ(投薬)
が焚かれました。また、日の沈むときにはキフィ(キピともいいます)と呼ばれる16種類の香りをブレンドした物で、
人を寝付かせ、不安を鎮め、楽しい夢を見させたといいます。旧約聖書に出てくるバベルの塔では、僧侶達が香りの山から降りてきます。
香りはまず神に捧げられ、次いで僧侶、支配者達が使うことを許され、続いて側近達、そして民衆へと広がっていったのです。




軟膏と香油



エジプトでは、香りを楽しむだけでなく照りつける太陽による乾燥から皮膚を守るためにも、香油は大量に使われていました(入浴後に香油をつけていました)。
エジプト産のユリ油が入っている「サクディ」は珍重され、「メンデシウム」と呼ばれる香油にはバラノス油(ホースラディツリーの実の油)とミルラやフランキンセンス
が入っていました。

参考:香油を入れる香油壺



大英博物館で、B.C3000~B.C2000年頃の石膏やオニキスやガラス、象牙、木でできた軟膏や香水入れを見ることが出来ます。その中にはミルラ、フランキンセンス、
シダーウッド、オレガノ、アーモンド、カンショウ(甘松)、ヘンナ、ジュニパー、コリアンダー、カラマスなどエジプトで採れる植物の香りの軟膏や
香水が入っていたと言われています。


エジプトの壁画で、女性が頭の上に紡水形(ほうすいけい)の帽子のような物を乗せている姿を見かけます。あれは、エジプト版香水とでもいいましょうか。
社交場に身に着けて出掛けた軟膏です。この紡水形の軟膏は動物性油脂に各種香料をブレンドしたものです。体温で少しずつ溶け、頭を伝い、
体にも香りは染み込んでゆき、あたりによい香りを漂わせました



ミイラ作り



  • 死体から脳と内臓を取り除き、パーム酒で消毒後、腹部にミルラと肉桂(にっけい)などの香料を詰めました。【この時、神に捧げるフランキンセンスは用いませんでした】

  • 天然苛性ソーダ(ナトロン)の粉末に70日間浸し、脱水処理をしました。【内臓も同様に脱水処理をされ、壺に入れられました】

  • 化粧をしました。そしてシダーウッドなどの芳香物質に浸した何百メートルもの包帯を体に巻きました

  • 花で飾り、ホルス神に祈りを捧げ、埋葬しました

  • 古書に「ラーの神の裁きの前に香料をもって薫浄【くんじょう】された肉体をここに納め奉る」とあります。芳香物質はただ殺菌・防腐のためだけでなく、神の前に出るために清らかな香りを付けるという意味があったと考えられます



ツタンカーメン王の墓について



1922年にツタンカーメン王の墓が開けられました。その時香りのビンが50個ほど発見されました。
ほとんどが盗賊によって空にされていましたが、その中には軟膏が残っているものもありました。
すでに軟膏は凝固していましたが、フランキンセンスやカンショウが含まれていたことがわかっています。
この墓の中には、400リットルもの軟膏が入っていたと言われています。



クレオパトラについてⅠ



絶世の美女といわれている彼女には、「クレオパトラの鼻があと1センチ低かったら、世界の歴史は変わっていただろう」
という有名な言葉も残っています。ところが、日本人にとって鼻は高いほうが美人であっても、欧米人はその逆で、少し小さめの
鼻のほうが美人だといわれています。クレオパトラは絶世の美女ではなかったという説もあるくらいですから、シーザーやアントニウスを
とりこにできたのも、美貌のせいばかりではないのかもしれません。では、なぜクレオパトラは彼らを魅了できたのでしょうか?



クレオパトラについてⅡ



確かに彼女は語学が堪能で教養もありました。また、声や動作に優雅さがあるばかりでなく野性的でいつも若々しい性格も持っていました。
そのようなところにシーザーやアントニウスも惹かれたのでしょう。
しかし、それだけでしょうか?忘れてはならないのは、香りの力を実にうまく利用していたようだということです。
例えば、彼女はバラの花が好きでした。室内に厚さ46cmもバラの花びらを敷き詰めていました。
そして、動物性香料の麝香【じゃこう:ムスク】霊猫香【れいびょうこう:シベット】もお気に入りだったようです。
これらの動物性香料はセクシーで後々まで残る香りです。




イスラエル



B.C.15~B.C.1世紀頃のイスラエルは旧約聖書の舞台です。数々のエピソードが綴られています。
この時代でも、神への捧げ物の作物や乳香(フランキンセンス)などの香りが添えられていました。
神と人をつなげる役割で使われていたのでしょう。



モーゼのエジプトからの脱出



「モーゼのエジプトからの脱出(B.C.1450年頃)」にも、香りは関わってきます。
モーゼがイスラエルの民を率いてエジプトを脱出する場面が記載されている『出エジプト記30章』に、
「主はまたモーゼに言われた。あなたは最も良い香料を取りなさい。すなわち、液状の投薬(ミルラ)500シケル、
匂い香ばしい肉桂(シナモン)をその半分の250シケル、ニオイショウブ250シケル、桂枝500シケル、またオリーブの油を
1ビン取りなさい。これは聖なる油を造るわざに従い、混ぜ合わせて匂い油を造らなくてはならない。
これは聖なる注ぎ油である。・・・・・」と、聖なるオイルと香りの作り方が記されています。



ソロモンの栄華


ソロモン王(在位B.C.960~B.C925年頃)のエピソードです。
アラビア南部のイエメンにあったシバの女王の国から、「香料の道(紅海沿いの道)」を北上した
ラクダの隊商によって、ソロモン王に黄金フランキンセンスミルラ(←ラクダが食べる)が献じられました。
ここでも2つの香りが好まれていたようです。



一般の人々は、香りをどう扱っていたのでしょう?


『わたしは、床に美しい敷き物とエジプトのあや布を敷き、ミルラ・ろかい(アロエ)・桂皮(肉桂の皮)をもって、
わたしの床を匂わせました。さあ、わたしたちは、夜が明けるまで、情をつくし、愛をかわして楽しみましょう…』
このようにイスラエルの人々は夜を演出していたようです。(*^^*)



キリスト誕生


キリスト誕生には、アロマセラピーに出てくる精油の名前が登場します。
新約聖書のマタイの福音書2章に、東方の三使者が「母マリアのそばにいる幼子にひれ伏し、
黄金【偉大な商人のシンボル】と、フランキンセンス【偉大な預言者のシンボル】
ミルラ【偉大な医者のシンボル】などの貢ぎ物を捧げた」とあります。
その時キリストは、フランキンセンスを選んだと言われています。




古代ギリシャ



古代ギリシャのB.C.9~B.C.4世紀頃には、その哲学、科学、文学、美術はヨーロッパ文化の重要な源として、
人類の歴史に大きな影響を与えています。そんな文化・芸術の盛んだった社会で、人々は純粋な香りには人の力には及ばないと考えていました。
ギリシャ神話に登場する神々は香りの雲に乗って地上に舞い降り、芳しいローブをまとっていたと言われています。
ギリシャ人は死後美しい香りが満ち溢れる極楽に行くことを信じていました。



エジプト・メソポタミアからの香料と香油



香油や軟膏を使うようになったのは商業が盛んになったB.C.7世紀からです。特にギリシャ人はバラが好きでした。
B.C.5世紀に、アテネのソロンは高価で取り引きされるバラの香りやバラ水と軟膏の売買を自治安定のために禁止しました。しかし、効果はありませんでした。
B.C.5世紀、ペリクレス時代(ギリシャ文化が高まった時代)には、ぶどう酒にもバラの香りが付けられるほど、バラの香りの人気は高まっていました。



高価な香りの植物についての研究


高価な香りについての科学的な研究がB.C.4世紀頃から行われています。
アリストテレスの弟子のテオフラストス(B.C.370~B.C.285年頃)が『植物史』を著しています。
彼はアラビアの香料について研究するために、使者をイエメンやオーマンに派遣しています。
そして、乳香(フランキンセンス)や投薬(ミルラ)の生育・栽培について記述しています。
また、その時の王アレクサンダーも香り好きで、彼にペルシャ産の種子を送って研究を推奨しています。
(この頃、軍人は強い匂いは存在感を高め、領土を広げげるために役立つとして、たくさんの香油を
使っていました)B.C.400年頃の書物では、ミントは腕に、タイムは膝に、マージョラムは髪やまつげに、
シナモン、バラ、パーム油は顎や胸、アーモンド油は手足に良い
とされていました。



アテネの宴会での香り


宴会の時にはバラの特別な軟膏を塗り、ぶどう酒の悪酔いを避けました。

もし、それが手に入らなければ、ショウブやカンショウの軟膏を用いたということです。



「医学の父」ヒポクラテス


「医学の父」ヒポクラテスは、「健康は、芳香風呂に入り、香油マッサージを毎日行うことである
と言っています。また、芳香原料を伝染病の予防として焚くことを試みていました。




古代ローマ



古代西洋最大の帝国である古代ローマ帝国は、B.C.7~A.D.5世紀頃栄えた国です。
文学、哲学、美術ではギリシャの模倣の域を出ませんでしたが、軍事、土木、法制では稀有の力を発揮しています。
ローマは、バラが生活にとても密着していた文明です。バラは色々な儀式や晩餐会でまき散らかされ、宮廷の泉にはバラ水が湧き、
公衆浴場までもがバラでいっぱいでした。バラの枕、バラの花飾り、バラのプリン、バラ入りのワインと様々な物にバラは使われました。
衣類までもバラ水で洗っていたということです。



金銀の流入と香料(B.C.1世紀頃)



古代ローマ帝国の初期はエルトニア人の文化で荒削りなものでしたが、
フェニキア人やギリシャ人と接触するにつれて香料の使用が増えてきました。
B.C.27年オクタビアヌスの帝政時代を迎え、貿易も振興し、海外の領土から金銀が流入し、生活が派手になっていきました。
これに伴って、香料熱も高まりました。(町の1/4が香料店だと風刺されました)



薬草学者デオコリデス(A.D.1世紀頃)の薬草医学の論文


死後1000年にわたり、西洋医学の基本的な参考書になりました。現在の薬草の知識もこの論文に由来しています。



  • 投薬(ミルラ):歯・歯茎の強壮、催眠を促進

  • ジュニパー :利尿作用

  • マージョラム :催眠作用・鎮静剤

  • サイプレス :下痢止め・止血



香り好きのネロ皇帝(在位A.D.54~68年)


◆豪華なバラの花の宴会

パラティネの丘に建てた黄金の宮殿では、皇帝が合図すると天井が開き、バラの花が降り、銀のパイプからバラの香りのする水が
テーブルに降りかけられたということです。

◆妻ポッペアの死

アラビアにある1年分の乳香(フランキンセンス)を焚いて魂を慰め、別れを惜しみました…




イスラム



5~11世紀(西ローマ帝国が滅び、十字軍の時代)のヨーロッパは暗黒の時代と呼ばれています。
ローマ時代の文化を引き継いだのはイスラム文化圏でした。



イスラムの交流網


香りを東洋から西洋に運ぶ重要な役目をイスラムが担っていました



  • 陸路:アフリカ・ヨーロッパ~イスラム~インド・長安(シルクロード)

  • 海路:インド・インドネシアの島、中国の東海岸地方



▼運ばれたものとしては、次のようなものがあります▼


エチオピアからシベット(霊猫香)、アフリカ東海岸からアンバー、インドからシナモン・コショウ・
白檀(サンダルウッド)
、インドネシアからクローブ・ナツメグ、インドシナから沈香【じんこう】
中国からムスクがそれぞれ運ばれました。



女性のお清め


◆豪華なバラの花の宴会

ソロモン王時代のユダヤにおいて、女性は、王様に会うためには「お清め」は必要でした。
そしてそのために12ヶ月が要されました。前半の6ヶ月はミルラの香油を使い、後半の6ヶ月は
他の何種類かの香油を用いていました。また、砂漠地帯に暮らす人々はなかなか入浴できません。
デオドラント剤としてミルラなどの香油を浸した布をいつも胸元に忍ばせていました。




ヨーロッパ中世・近代


ヨーロッパ中世・近代(6~17世紀)は、香り文化が成長し発展していった時代とも言えます



本来の花の香り(9世紀)



古くは、動物や魚の油脂あるいはワインのベースに花を混入させ、花の香りと称していました。
したがって、本来の花の香りとは異なっていました。しかし、アルコールの発見(イスラム)や蛇管【じゃかん】と蒸留器の発明により、
花本来の香りを抽出し保存することが可能になりました。



十字軍の遠征(10~11世紀)


◆バラ水

アラブ人のアビセンナ(980~1036年、医者・科学者・哲学者)は卑金属(金以外の金属)から
金を作るという錬金術【れんきんじゅつ】の過程の一部で、バラを用いていたところ、バラから
精油とバラ水(フローラルフォーター)が採れることを発見しました。バラ水は十字軍によってヨーロッパに伝えられましたが、
バラ水のほかにもサンダルウッドや高価なスパイスなどが持ち帰られました。しかし、キリスト教の
教えでは禁じられている誘惑物として抵抗も受けました。


◆ハレム水

オリエンタル地方のスパイスやバルサムや香油です。恋人達へのおみやげになりました。

以降、香料の貿易を専門に行ったのがベニスの商人です



香料貿易


新大陸が発見され、香料貿易も世界規模になり、大航海時代が始まりました。
ヨーロッパ人は価値を同じくしたというコショウをはじめ、様々なスパイスや薬用・芳性な香料を探し求めました。



ラベンダー水(12世紀)


12世紀、イギリスのベネディクティン派の尼僧「ヒルデガルト」が発明したと言われています。
その後、ドイツやフランスでの作られ、特に1370年、シャルル5世は庭にラベンダーを植えさせ、
自らラベンダー水を作っていたと言われています。現在ではイギリスの代表の香りとして、
優雅で品のある香水として売られています。



ハンガリーウォーター(ハンガリアン香水)


フィレンツェの修道尼マリア・クレメンティネは伝えたと言われています。
ハンガリー王妃(70歳)の通風と若返りの妙薬として知られており、その効果は隣の
ポーランドの国王に求婚されるほどでした。1370年にはエリザベス女王にも捧げられています。



アロマセラピーの進歩(16世紀)


これまでは口で伝承されてきただけのアロマセラピーも、16世紀に入ると『新完全蒸留読本
(ドイツのエロニムス・ブラウンシュバイクという医師の著)や、『新大蒸留読本』『バレリー・コルティの薬局方』
『植物読本』などの書物として体系づけられるようになりました。また中国でも、『本草網目』(中国の李時珍:
バラ・ジャスミン・カモミール・ハスの花)によって、アロマセラピーは体系づけられました。
※16世紀…印刷技術が発明されたので広がっていく



ロココ人形の香水ビン(17世紀)


17世紀になって、香りの抽出のためにアルコールの使用が普及すると、香水が上流階級で流行しました。
常時持ち歩くために小型の香水ビンが必要になり、金銀・陶磁器・ガラスで自分専用の美しく豪華なビンを
名工に作らせました。やがて、あこがれの硬質の陶器が広がってゆくと、それでビンを作ることになりますが、
陶彫職人は人物像や動物像を作成するのが得意だったので、必然的に香水ビンも宮廷の雅やかな生活を表す
ロココ調の人形となりました。

参考:花と子供達像香水ビン(高砂香料工業株式会社)



ペストの流行(17世紀)


イギリスでペストが大流行しました。ペスト患者を出した家族は皆外出が禁止され、座して死を待つしかありませんでした。
香水を作る工場で働く人々はペストにかかりづらかったと言われています。
ドイツのカルペッパーは「香水は確かに複合した薬物である。
これは熱しないで、心に影響を及ぼし、あらゆる悪臭を取り除き、私たちを取り巻く空気中の感染源を除去する」と言っています。



化学薬剤の使用(1650年頃)


戦争が大規模になり大量の負傷兵が出るようになると、外科手術のために化学薬剤が発達するようになりました。
そのため、化学薬剤を用いる医師と薬草専門家とが分離するようになりました。

※戦争…欧州戦争時代(ヨーロッパ戦争)





現代(18世紀~)


現代では、香りはもっぱら香水の分野で用いられています。
18世紀~19世紀のヨーロッパの貴族の間ではなくてはならない物だったのでしょう。



カトリーヌ・メディチとフランス王アンリ2世の結婚



カトリーヌ・メディチは、ルネッサンスの仕掛人とも言うべきイタリアのメディチ家の出身です。
メディチ家はイタリア・ルネッサンスを支えており、調香師を抱えていました。
そして、メディチ家特注の香水を作らせ、衣装・化粧なども含め豪華なメディチ家独特の文化を築いていきました。



メディチ → メディスン(医療)→ 薬草専門の家


フランスはヨーロッパの中でも目立たない農業国でした。
しかし16世紀に、アンリ2世のもとへカトリーヌが嫁ぐときに、イタリア文化、ぜいたくさ、洗練さをフランスに持ち込んだので
(彼女お抱えの調香師や衣装の仕立て人、料理人を連れて嫁ぎました)、今やフランスの香りと料理のモードの国になっています。



ポンパドール夫人とマリー・アントワネット(18世紀)


彼女達はジャスミン・ローズ・バイオレットなどのフローラル系の香りを好みました。
ぜいたくは香りだけにとどまらず、化粧品・衣装などにも及び、財政を苦しめ、民衆の反感をかいました。
また、ルイ14世は、ローズウォーターとマージョラムで部屋を香らせ、衣類はクローブ、ナツメグ、アロエ、
ジャスミン、オレンジウォーターで洗わせました。新しい香水が自分ために毎日作られるべきだと言っていました。



4711コロン(ケルンの水=皇帝の香水)


1804年に皇帝についたナポレオンは大の清潔好きで、石鹸で体を洗い、オーデコロンをつけていました。
このオーデコロンはドイツのケルンに住んでいたイタリア人の理髪師が考え出したものです。
ナポレオンに呼び寄せられ、その一族はパリにオーデコロンの店を開きました。



▼4711コロンのレシピ(実はソニープラザ等にも売っています^^)


レモン、スウィートオレンジ、ネロリ、ベルガモット、ラベンダー、ローズマリー、マンダリン

※柑橘系が多いのが特徴



戦争


戦争は現代に至るまで数多く繰り広げられてきました。戦いでは多くの人が傷つきます。
この傷の手当てをするのに薬が必要になるわけですが、ほとんどは化学薬品が用いられてきました。
それとともに、手術が得意な西洋医学が信仰されるようになっていきました。
しかし、第二次大戦などではこの薬を製造することもままならず、戦士の救急キットの中に傷の手当用にティーツリーの精油
入っていたとも言われています。



『アロマセラピー』という言葉について


有史以来、様々な場面で香りが用いられてきましたが、「アロマセラピー」という名が生まれたのは、なんと1920年代になってからのことです。
フランスの科学者「ルネ=モーリス・ガットフォセ」が研究中に片手に火傷を負い、とっさに近くにあったラベンダーの精油にその手を浸けたのです。
すると、火傷は悪化するどころか跡形もなく残らず、びっくりするような速さで治っていきました。
そこで、ガットフォセは精油について研究を始め、 「アロマセラピー(芳香療法)」という言葉を作ったのです。
そして、その後も様々な論文を発表しました。



療法としてのアロマセラピー


ガットフォセのアロマセラピーについての研究を契機に、様々な化学論文が発表されましたが、
第二次世界大戦が始まるとその熱はすっかりといってよいほど熱が冷めてしまいました。
こんな中で、薬用植物を治療に用いることに興味を持っていたフランスの医学博士「ジャン・パルネ」は、
大戦中に精油を戦傷の治療のために広く用いました。そして、アロマセラピーが大きな可能性を秘めた治療方法であることを知り、
それ以降も様々な症状に精油を用いてその結果を論文で発表しています。彼は、1964年には『芳香療法』という本も出版しています。




ん~深いですねえ^^大昔から癒やしの素だったんですね♪

そんなわけで癒やしを提供しているアロマエステ、洗体エステの『川崎ブレンダ』もお客様に癒やしをご提供していきますので、是非!足を運んでくださいね(^o^)丿




☆人気セラピスト速報☆

♪巨乳美女が勢ぞろい♪
人気絶頂のセラピストです!


 
黒乃ういさん(24) 
T160cm B86-W56-H84


♪目を奪われる美女♪
桜 ゆな(20) 
T160cm B84-W59-H84


他にも超絶人気セラピスト達がお客様をお待ちしております♪

ご予約はコチラ↓↓

0443793322

お得情報配信中

LINE始めました♪

簡単登録で

2000円OFF!!




LINE ID

kawasaki_blenda



facebook

いいねしましょう♪

1000円OFF!!





各種クレジットカード

手数料無料で使えます


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kawasakiblenda.blog.fc2.com/tb.php/409-14c51105

 | ホーム |